East meets West,West meets East.

NEW POST

NEWS

空海展”空海 KŪKAI ―密教のルーツとマンダラ世界”で弘法大師の仕事術の本質は何なのか?を再考する。

本年は弘法大師・空海の生誕1250年の記念特別展として奈良国立博物館で”空海展〜空海 KŪKAI ―密教のルーツとマンダラ世界〜”が催されています。私どもも早速行って参りました。

弘法大師・空海といえば、日本真言密教の祖として知られています。

平安時代、遣唐使船に乗ってたどり着いた唐より青龍寺において恵果大阿闍梨より伝法された密教の極意を日本に持ち帰りその教えを世に弘められ、日本仏教史だけではなく日本文化にも大きな影響を与えています。

今回の空海展は、奈良国立博物館の井上洋一館長をして”かつてない”と言わしめるほどで、実際に、230年ぶり修理後初公開となる空海が直接制作に関わったといわれ現存最古の曼荼羅である神護寺の国宝・高雄曼荼羅や空海の自筆であるこれも国宝・聾瞽指帰ろうこしいきなど、各々を観るだけでもめったとできないものがなんと奈良国立博物館で一堂に会するわけでこれほど貴重な機会もありません。

また、これまでは絵画と仏像などはジャンルが異なるため別々に展示されてきたことはあったものの、本展では立体曼荼羅としてその世界観を体験できるように展示物が配置されて、より空海が伝えようとした宇宙観をより五感で感じられるような空間づくりがなされているとのことですがこのあたりは会場まで足を運んで体験してよかったところ。

空海の息づかいを感じるほどの直接の仕事をここまでひとまとめに観れるのは生きているうちに幾度あるのか?と考えるとまさにかつてない圧巻の企画だと思います。

ちなみに空海展は前期後期に分かれていますが、前期に聾瞽指帰ろうこしいきなど空海の直筆の書の展示が偏っているようにも思いますので、空海の直接の仕事にどっぷり触れてその迫力を体感したいという方にとってのオススメは5月12日までの前期展示かなと思っています。

両界曼荼羅で考えるコンセプト構築とビジュアルストーリーテリングの両立

国宝、重要文化財と目白押しの展示品があるなか、最初に目に飛び込んできたのは吊るしののぼりに書かれていたこの言葉です。弘法大師空海が持ち帰ったものはさまざまですが、その中でも有名なのは密教の世界観を図絵を用いて表した両界曼荼羅図でしょう。

空海はそれまでの日本の仏教が経典重視、つまり専門学術的で一般の人間には小難しかったところに、慈悲を表す胎蔵界曼荼羅、智慧を表す金剛界曼荼羅の図と絵を用いて宇宙のはたらきという抽象的なテーマを「目で見て一目で分かる」ようにした、というのが革新的なところかと思います。

いきなり宇宙が、仏が、って云われても非日常的すぎてピンとくる人少ないですものね。

密蔵深玄みつぞうしんげんにして翰墨かんぼくがたし。さら図画とがかりさとらざるに開示かいじす。」

訳:密教は深遠なもので、文字では全てを伝えられない。そこで図や絵を用いて、悟らない人に開き示すのだ。

請来目録/空海

曼荼羅図は今でいう映画とかゲーム体験

曼荼羅図を用いてその教えの極意を伝えようとした意図を表す空海の言葉ですが、一経営者として私がこの言葉に触れて改めて思ったのが、コンセプトという抽象的なものをビジュアルストーリーテリングに乗っけて伝えていくことの重要性です。

事業者というのはお店を営業する、商品をつくり、販売するということと同時に情報を伝えていくことも付加価値に変えていくためには軽視できません。

それは感性的価値が求められる商品ほど顕著になってきます。

複数の同業他社がある中で顧客がなぜあなたの会社の商品を選ぶ必要があるのか?あるいは社会にとってその企業が欠かせない理由というものをメッセージとして伝えることができるかどうかで経営の勝敗が決まるといっても過言ではありません。

さて、これは私どものひとつの解釈に過ぎませんが、ある見方をすれば空海の持ち帰った両界曼荼羅の意味するところは今の時代でいうところの映画やゲームなどで体験されるビジュアルストーリーテリングの世界に近いのかなと思っています。

「御託を並べても素人にわからん。小難しい話はすな。マンガにせぇ。」

今なら空海が言いそうかなと。

あるいは、空海の両界曼荼羅を思考の型として抽象的なコンセプトや理念を構築したりその理念を物語形式で図絵を用いて映像化することで情報の伝わる精度、速度が飛躍的に高まるということを他の誰よりも知っていたし、それを示唆しているのが”さら図画とがかりさとらざるに開示かいじす”という言葉に集約されているように思えます。

現代に曼荼羅を思考ツールとして用いる

宇宙のはたらきがマインドマップのように分化、統合する形の胎蔵界はコンセプト(理念)の設計の際に必要な思考ツールの役割も果たせるし、絵物語のように悟りの階梯を表す金剛界はそのコンセプトを人それぞれの器量に応じて、あるいは世の価値観のうねりに応じてどう伝えるかのストーリーテリング考える思考ツールとも捉えることができます。

大谷翔平のマンダラチャート

小学校の道徳の教科書にまで掲載されているようでもうこれは老若男女知ることになったメジャーリーガーの大谷翔平氏の学生時代に目標設定に使用した曼荼羅をモチーフにしたマンダラチャート。情報が図絵で整理できる思考ツールとして活用しやすかったからかもしれませんね。

野球の常識を根本から覆した彼の二刀流も密教の両界曼荼羅の胎蔵界と金剛界は不二(切っても切り離せない)の関係、つまり両部不二を地で行くような感じもしますが、空と海を越えた地で活躍する彼の姿を見ていて弘法大師空海の印象とダブるのは私だけでしょうか?

現代においてさすがに空海の曼荼羅図を見てそのまま活用できるという人は少ないと思いますが、そのエッセンスを現代風にアレンジしてみれば、それを活用しない場合よりもそれぞれの土俵で自己の持てる才能を発揮して素晴らしい成果が出そうですね。何より大谷選手はそのことを証明してくれたように思えます。

空海の言葉にあるように図絵にすることの意義は、抽象的なテーマを扱うときも含めて情報の要点把握、伝達の効果性が優れているということでしょう。小さな子どもに絵本で読み聞かせするのも、学びの本質といえるからでしょう。

映像作品自体がマンダラそのもの

映画「オッペンハイマー」が話題となっておりますが、いつも大人でも難解な科学テーマにチャレンジするクリストファーノーラン監督の作品も、映画だからなんとなく云わんとすることがなんとなく見えてくる、と言うようなことがあると思います。(それでも難しいけど)

「もし、空海が今生きていたらどんな仕事をするのか?」という視点で物事を考えてみると、私たちのこれからの仕事を考えるにもヒントがたくさんありそうですが、私は今、空海が生きているならハリウッドで日本のアニメ映画の監督をしているか、任天堂でゲームプロデューサーをしているような気もします。

時代背景を考えるに空海が唐から密教の教えを持ち帰るまでは、もちろん、個々に心象を映像化するということの重要性は気づいていた人はいても、ここまで体系的にそしてビジュアルとしてまとまったコンテンツを世に弘めた人もいなかったわけです。

それまで民衆にとっては何もないところにいきなり、当時世界最先端の唐の文化の結晶とも言える両界曼荼羅の図絵がやってきたことは衝撃だったことが目に浮かびます。

そんな背景を踏まえながら今、彼ならしそうな仕事は何か?なんて妄想を膨らませてみますと、映像の力、五感で体験、世界最先端の技術というキーワードを包括するテーマとしては、VRゲームでも開発するのではないか?と思えそうです。

例えばNintendoSwitchのゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのような世界共通の神話的な世界観でユーザー自身が創意工夫が愉しめる自由度の高い冒険の旅をVRやARのような新しい拡張世界で体験するものとかね。いや、Nintendoならすでに開発に着手しているかもしれませんね。

空海展に行けない方に空海の仕事が見えるオススメの2冊

さて、空海展の話に戻りますが、各々の展示物を単体でも観ることが難しいのに、それらが一堂に会する機会はめったとないのは山々ではあるものの、やはり諸事情でなかなか足を運ぶのが難しいという場合もあるかと思います。そこで本展の現場空間とまで云わなくても空海の仕事術に触れることができる圧巻の資料をご紹介できればと思います。(広告・プロモーションではありません)

生誕1250年記念 特別展「空海 KŪKAI ― 密教のルーツとマンダラ世界”公式図録

まずは、本展の図録。私も購入しましたがまるで空海展にもう一度行ったかのような感覚になるほど充実していました。

実際、私どもがいったのはGWでしたので会場は混雑しており、空海の直筆なども観れて直接の仕事の熱気みたいなものは肌で感じることはできましたが、それでもなかなかひとつひとつの資料をゆっくり観ることができませんでした。後でしっかり振り返りたいなと思っていましたが、この図録は展示されていたものを詳しく紹介されていますので本展のテーマである密教のルーツを始め空海の仕事を研究するにこの上ないものだと思いますので永久保存版として書棚に大切に保管したいと思っています。

空海名言辞典(付・現代語訳)/高野山出版社

あともうひとつ、この本をご紹介しておきます。弊社業務の高野山合宿研修の後に山内の書店で購入したものですが、一般の書店にはあまり流通していない多分、真言宗の僧侶とか空海のコアなファンしか買わないだろうと思われる専門的な書籍。

内容はというと空海の著作から名言を抽出して分類、必要に応じて語句を検索できるようになっている辞典です。

空海の残した著作を全部調べたい方は空海全集という全8冊の分厚い本がありますが、揃えるに重たく、読み解くのに難くちょっとハードルが高いです。しかしながら、本辞典は現代の仕事にも通じる重要なエッセンスだけを抽出したような側面もありますので、入門者でも上級者でも幅広く使用できるものかと思いご紹介させていただきました。

なお、本書は空海の原文はもちろん、現代語訳までついています。この、辞典を見るに文芸の章では作詩に作文、書道に筆法と宗教哲学だけではなく空海の仕事に対する具体的な考え方にまで触れられることができます。携帯サイズで持ち運べる大きさなので常に本書を片手にクリエイティブな仕事に向き合いたいと思っています。

さて、ひとつだけこちらでもご紹介しておきましょう。

詩は物色の意を兼ねて下るを好しと為す
若し物色有りて意興無ければ巧と雖もまた処として之を用うる無し
(文鏡秘府論南/文筆眼心抄)

訳:詩は、風物に情景を添えて描写することが大切である。風景だけで作者の心情がなければ、表現が巧みであっても詩にはならない。

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP